ICCCJ

Japan International Choral Composition Competition 2023
第9回 日本国際合唱作曲コンクール



あなたの作品が世界に羽ばたく

応募締切 2023年4月1日08:59(日本時間)

主催: 一般社団法人 東京国際合唱機構


豪華な審査員が集結!
 国際審査員団があなたの作品を拝見します
 

応募作品を評価するのは、合唱人なら一度は耳にしたことがある超豪華作曲家たち。芸術委員会のサポートのもと、あなたの曲を様々な観点から審査し、グランプリを決定します。

スティーブン・リーク (オーストラリア)
Stephen Leek

Stephen Leek

1959年生まれ。40年以上にわたり世界中で名だたる合唱団との活動を行うとともに、ゲスト指揮者としても活躍。自身が創団したvOiCeArT及びThe Australian Voicesの指揮者を2009年まで務める。彼の作品は、独自の現代的な声を持ち、世界中の一流合唱団によって定期的に演奏され、最も革新的な指揮者たちによって支持されている。一方で、指揮者としては初心者向けの団体や児童合唱団からプロのアンサンブルまで指導を行う。

2004年、ドイツのダルムシュタットにて権威ある「ロバート・エドラー合唱音楽賞」を授与したほか、国内外の数々の賞を受賞している。

また、世界中の合唱音楽の発展に大きな信念を持ち、2011年から2017年まで国際合唱連合(IFCM)の副会長、2012年/2013年にShanghai Youth Choirの創立芸術監督、2015年にはAsia Pacific Youth Choirの指揮者など国内外の役職を歴任している。

現在タスマニアに在住し、指揮者、作曲家として国際的にフリーランスで活躍を続けている。

ゼカリヤ・ゴー(シンガポール)
Zechariah Goh

Zechariah Goh

シンガポール出身。シンガポール国家芸術評議会(National Arts Council)のヤングアーティスト賞とナンヤン芸術アカデミー(NAFA)において学友会賞を受賞。 2011年よりNAFA作曲部部長、シンガポールサクソフォーンシンポジウムの芸術監督を務める。Taipei Phillharmonic Chamber Choir(台湾)、The Diocesan Boy's School Choir(香港)、SYC Ensemble Singers(シンガポール)、Victoria Junior College(シンガポール)に委嘱した経験をもつ。また、フィリピン合唱監督協会(2022年)、ラッフルズ・シンガーズ、2021年日本合唱作曲コンクールの審査員も務めている。インドネシアで開催されたバリ国際合唱コンクールや、香港で開催された世界青少年・児童合唱コンクールにも審査員として招かれた。また、Choral Collective Residency Programme(シンガポール)の教員として、若手作曲家に合唱曲の指導を行っている。最近のオーケストラのために書かれた作品には、Blossoms 2017 and Flow 2022 (シンガポールシンフォニーオーケストラ), Iridescence, 2015 (NAFA シンフォニーオーケストラ), Nuances: Soundscapes from a distant land, 2014(シンガポール国立青少年交響楽団)等がある。

国際コダーイシンポジウム、ISME、WASBEなどの国際会議にも積極的に登壇している。Suara Singa男声合唱団指揮者。

レヴェンテ・ジェンジェシ(ハンガリー)
Levente Gyöngyösi

Levente Gyöngyösi

1975年、クルージュ/コロズヴァール(ルーマニア)に生まれる。リスト・フェレンツ音楽大学で学ぶ。指導教官はジェルジュ・オルバーン。

1999年5月5日、優秀な成績で卒業。この日のコンサートでは、彼のオペラ「コウノトリ」の第1幕が演奏された。また、この2幕のオペラは、2005年5月28日にブダペスト・オペラハウスの舞台で上演された。

近年は、ハンガリー国内外の著名な合唱団「プロムジカ女声合唱団(ハンガリー)」「ステレンボッシュ大学合唱団(南アフリカ)」「アイオワ州立大学合唱団(アメリカ)」のために数多くの合唱曲を作曲している。

彼の合唱作品は、日本やアメリカだけでなく、南アフリカやフィリピンでも人気がある。 グラーツ(2011年)、シンシナティ(2012年)、リガ(2014年)で開催されたInterkultur国際合唱コンクールの審査員を務めている。

合唱作品に加え、4曲の交響曲(その中の3曲はブダペスト祝祭管弦楽団に委嘱、演奏された)、ピアノ協奏曲、ルカ受難曲、クリスマス・オラトリオを作曲した。 また、彼の代表作であるオペラ・ミュージカル「巨匠とマルガリータ」は、2021年にハンガリー国立歌劇場で上演された。

2005年、ハンガリー 政府よりエルケル・フェレンツ賞、2009年、ハンガリー政府よりバルトーク賞を、2009年にはブダペスト音楽院よりバルトーク・パーストリ賞を授与された。

ラッセル・ロビンソン(アメリカ)
Russell L. Robinson

Russell L. Robinson

フロリダ大学名誉教授。指揮者、講演者、コンサルタント、プレゼンターとして、米国、ヨーロッパ、アフリカ、中央アメリカ、南アメリカ、メキシコ、カナダ、中東、オーストラリアのフェスティバル、ワークショップ、名誉合唱団、州、地域、国内、国際会議、また以下のような会場で300以上の出演を果たしている。(カーネギーホール、リンカーンセンター、ケネディセンター、ボストンのシンフォニーホール、ホワイトハウス、ワシントンの国立カテドラル等)。

2016年、フロリダ音楽教育者協会(FMEA)の殿堂入りを果たす。元FMEA会長、UF芸術大学副学部長、元全米音楽教育協会(NAfME)の全大学議長および合唱アドバイザーを務める。その他、作曲家・編曲家および作家として、合唱曲、編曲、記事、書籍、教育用DVDなど、500以上の出版物を刊行している。

相澤直人(日本)
Naoto Aizawa

Naoto Aizawa

©TAKUMI JUN

アイザワノーツ合同会社代表、JCDA日本合唱指揮者協会及び東京都合唱連盟副理事長。東京藝術大学及び洗足学園音楽大学では講師として教鞭をとる。「たしかな芸術」「曲が喜ぶ演奏」をモットーとした発信は共感を呼び、「生きた楽典」「eye the 和声」「名曲を掘り下げる」など、演奏表現に活かすための各種セミナーを継続的に開催。好評を博している。

現在、あい混声合唱団、女声合唱団 ゆめの缶詰などの合唱団で音楽監督、常任指揮者を務める他、東京六大学混声合唱連盟、早稲田大学グリークラブなど、客演指揮者としての招聘も多い。特に、邦人作品における「ことば」と「音楽」を読み取る演奏に評価を得ており、作曲家やピアニストからの信頼も厚い。

また、作曲家としても200曲以上の合唱作品を作曲。代表曲の「ぜんぶ」をはじめ、多くの作品が愛唱されている。著書に「合唱エクササイズアンサンブル編」1〜3巻、「同 ニュアンス編」など。

プライズについて
 

この、合唱曲に特化した新しい形の作曲コンクールの入賞者には、次のような賞金と副賞をご用意しています。特に、作品の出版と、国際的なフェスティバルにおける作品の世界初演が保証されていることは、作曲者にとって大きな魅力でありましょう。

優勝作品は出版が保証! 入賞、佳作にも可能性が!

優勝作品は、作曲家・松下耕が監修を務めるEditon ICOTより出版されることが保証されています。2位、3位受賞作品及び佳作についても、審査員団の推薦により出版されることがあります。
あなたの作品が、全世界で歌われるチャンスです!
曲に使われるテキストは、ラテン語または英語を使用していただきます。これにより、どの国の合唱団も歌うことが出来ます。出版されれば、あなたの作品を全世界の合唱団が歌ってくれるかも知れません。国際的に活躍する、大きな足がかりとなるでしょう。

入賞作品は国際合唱コンクールの課題曲に選出されます!

入賞作品の中から、第6回東京国際合唱コンクール(2024年開催)の課題曲が選出されます!
国際コンクールに参加する世界各地の合唱団が、あなたの作品を演奏するかもしれません!

入賞作品は松下耕の指揮により初演され、
インターネット生中継されます!

入賞作品は、松下耕の合唱団の集合体である、The Metropolitan Chorus of Tokyoにより、軽井沢国際合唱フェスティバルの中で初演されます。
また、この初演の模様は、YouTube LIVEによるインターネット生中継で全世界に配信されます。

kicf

優勝賞金は10万円!

あなたの今後の作曲活動、勉強に役立てていただくために、100,000円を賞金として差し上げます。

応募はカンタン!
 

ICCC Japanへの参加申込みは下の簡単3ステップ!

1. ページトップの紙飛行機アイコンをクリックし、リンク先の応募フォームに記入。

2. 作品と必要書類をe-mailでapply@icccj.orgに送付。

3. ページトップのPaypalボタンから申込み費用の支払い。または、郵便振込にて支払い。

詳しくは、募集要項・よくある質問をお読みください。

Archives
 

Japan International Choral Composition Competition 2021

 

Japan International Choral Composition Competition 2020

 

Japan International Choral Composition Competition 2019

 

Japan International Choral Composition Competition 2018

 

Japan International Choral Composition Competition 2017

受賞作品
第1位: 該当作品なし

第2位: Jesu dulcedo cordium/Giorgio Susana
(初演映像: Youtube)
(受賞者インタビュー)

第3位: Corde natus/Francisco Carbonell
(初演映像: Youtube)
(受賞者インタビュー)

 

Japan International Choral Composition Competition 2016

 

Japan International Choral Composition Competition 2015

お問合せ
 

お問い合わせは、お気軽に下記までどうぞ。

一般社団法人 東京国際合唱機構
〒192-0912
東京都八王子市絹ヶ丘
2-29-12 B1F
E-mail: info@icccj.org
Tel: 042 689 5641

Tel:
042 689 5641

info@icccj.org

〒192-0912
東京都
八王子市絹ヶ丘
2-29-12 B1F

facebook/icccj

@iccc_Japan